WOMB

DR.SHINGO

アメリカ・バークリー音楽院に留学中クラフトワーク等のジャーマン・ エレクトロニック サウンドに多大な影響を受け、テクノサウンドに自分の可能性を見出し、エレクトロニックミュージックの製作を開始。 2002年、Forte Recordsから"Have you ever seen the blue comet?"にてデビュー。続いて、1stアルバム「Dr.Shingo's Space Odd-yssey」をドイツよりワールドリリース。当時絶頂を極めたテクノエレクトロサウンドをふんだんに取り入れ、かつ独自のポップセンスを随所随所に差し込んだオンリーワンなサウンドを世界中のアーティスト/プロデューサーが賞賛、一躍名を馳せる。2004年にはハードでダークなエレクトロサウンドを前面に押し出した2ndアルバム「ECLIPSE」をリリー ス。コラボレーションも積極的に行っており、"Taxi Alien EP"をMonika KruzeのレーベルElectric AvenueよりSUNRISE名義でリリース。 更にDr.Shingo & E.Sawado名義で DVD&CD「7 Colors」をリリースした。2006年、3rdアルバム「Initiation」を発表。ストイックなテクノサウンドを前面に打ち出したこのアルバム発表を機に、よりフロアで機能する事を基調としたトラックに作風が変ってゆく。プロダクションが100%フロアトラックへとシフトした2010年より作品のリリースを再開する。Picche Records、Tractorecords、Body Function等の優良レーベルから満を持してリリースされたトラック及びリミックスは、ヨーロッパのアーティスト達を中心に大きな注目を集めている。ライブパフォーマンスを含め、ギグも精力的に行い、ドイツ・ベルリンの伝説的老舗 Tresorにて04年、05年と大晦日パーティーでライブを披露。これまでにドイツ、フランス、イタリアスペイン等のヨーロッパ諸国、中国、韓国、シンガポール、インドネシア等のアジア諸国でツアーを行ってきた。国内でも、Connect'05やWIRE'05/06 前夜祭、FUJI ROCK FESTIVAL'06等のフェスティバルから、全国に至るまで、唯一無二のパフォーマンスを行い多くのオーディスエンスを魅了している。2011年に10周年を迎えるテクノパーティーCross Mountain Nightsのレジデントを務め、名実共に東京のテクノシーンを牽引する存在となっている。

Dr.Shingo - Tibet EP
Picche Records
Cat No: 10021050
Release date: 27th of Jan, 2011
beatport

Go to Beatport.comGet These TracksAdd This Player


Dr.Shingo - Steel Strings EP
Plus Records
Cat No: PRDI037
Release date: 11th of Jan, 2011
Beatport

Go to Beatport.comGet These TracksAdd This Player

http://www.drshingo.com/