WOMB

RYO TSUTSUI

15才よりドラムを始め、東京、ロンドンを中心に百本以上のライブアクトを経験。2000年、突如転身し、EDEN@AIR のレジデントの一員として Global Underground や Serious など、世界規模のパーティとのコラボレーションも成功させ、2004年には Room@Melborune への出演も果たす。また2006年には、レジデント・パーティ「EDEN」のコンピレーションCDを通じて初のオリジナルトラック "smashing pumpkin" を発表。トラックメーカーとしてのキャリアもスタートさせた。その後も、3mixer6decks アクト"Alexander Michel"として話題を巻き起こし、野外イベントへも積極的に出演。2008年に入っても新パーティWeekend warriorz を立ち上げ、Doc Martin や Giles Smith, Damian Schwartz, 2000 and One など、完全に自身の独断と偏見によりセレクトしたゲストを招聘してのパーティを展開させる。2008年にはインドネシアツアーを体験、2009年2月にはタイでもそのプレイを披露し、バンコクで最も注目を集めるエレクトロ系インターネットラジオ、UB Radioで自身の番組 「Tokyo Sessions」 をスタートさせるなど、アジアシーンへの進出を開始。ここ日本においても2009年 RED BULL が主催するイベントのコンペティション "RED BULL NIGHT MASTER" に EDEN で参加し、堂々の優勝に輝き、日本のパーティとして、初のタイトルホルダーの称号を勝ち取る。続けて同年11月にはパタゴニア主催のコンテスト "PARAGONICA" へも参加。見事、優勝に輝き、二冠を達成。2010年2月〜3月にかけて2週間に及ぶ南米チリツアーも経験し、ますますその活動の幅を広げている。音をカテゴライズすることを嫌い、あくまで自分の感覚を表現する上で必要な音を鳴らすという姿勢を保ち続けていて、その繊細な感覚はとらえたものの心を離さない豊かな魅力に溢れている。

http://soundcloud.com/djryotsutsui

http://twitter.com/ryotsutsui

http://www.facebook.com/?ref=home#!